あーとびる麦生ブログ

あーとびるの日々の出来事等を伝えるブログです。

今年の課題その1

f:id:mugyo-cap:20210415123349j:plain

12年前から校門の脇に立っている看板柱も劣化が進んできました。

これは当時の事務局長の力作なので、

色を塗り替え、若返らせたいところ。

 

あちこちに立てている看板も痛んでいます。

風にとばされ、行方不明になったものも…

それらを修理&更新するのが

今年のだいじな「お仕事」です。

 

立木を伐採しました。

ビフォー

f:id:mugyo-cap:20210409111744j:plain伸びすぎた木が体育館の屋根に届いていました。

f:id:mugyo-cap:20210409111803j:plain

葉っぱが芽吹いてくる前でもかなりの高さでした。

 

これはチューリップに木が倒れてこないように、置いた縁台。

f:id:mugyo-cap:20210409112421j:plain

 

アフター

根元から2本と、半分に詰めた木が1本でこうなりました。

f:id:mugyo-cap:20210409111837j:plain

f:id:mugyo-cap:20210409111851j:plain

チューリップも木登りした木こりも無事に終了。

雪がふりました

f:id:mugyo-cap:20210105141123j:plain



      見渡す景色は、白また白

 


f:id:mugyo-cap:20210105135046j:plain

f:id:mugyo-cap:20210105135135j:plain

f:id:mugyo-cap:20210105135149j:plain

f:id:mugyo-cap:20210105135338j:plain

f:id:mugyo-cap:20210105135246j:plain

              中庭ももれなく白

 

f:id:mugyo-cap:20210105135207j:plain

f:id:mugyo-cap:20210105135402j:plain

f:id:mugyo-cap:20210105135328j:plain

f:id:mugyo-cap:20210105135225j:plain

           木の茶色が新鮮

 

 

 

f:id:mugyo-cap:20210105135307j:plain

               館内にも雪景色

 

 

f:id:mugyo-cap:20210105135416j:plain

 春が待ち遠しい、静かなあーとびるでした。

あーとびる麦生、冬眠に入りました❕

 2020年度の活動は11月29日をもって終了致しました。

 

 今年は、思いもかけないコロナ新型ウィルスの大流行がおき、

あーとびるも大きな影響を受けました。

予定していた展覧会、イベントの数々、

殆んど中止となり、開館も4ヵ月遅れの

8月1日からとなりました。

 

 予定していた展覧会の数は20で

どれもあーとびるが自信をもって開催するはずでした。

来年度、そのまま実現できれば、と願っております。

その中で、地元久慈からの

 ① 消防ポスター展

 ② 山火事ポスター展

 ③ 三上貢銅版画展

 ④ あーとびる写真倶楽部展

 ⑤ あーとびる所蔵展(鈴木秀次、中国作品)

 ⑥ 第7回児童動物画コンクール展

と、これらは予定通り開催することが出来ました。

 

入館者数は昨年の3,462人から1,230人と激減しましたが

時勢がら、仕方ありません。

 

 だからと言ってスタッフがやる気をなくしたわけではなく、

草刈りやガラス磨きなど環境整備にいつも以上に

力を入れました。秋のチューリップ植えも

来年に希望を託して皆で行いました。

5月、きれいに咲く情景を思い浮かべながら…

(球根を送ってくださった、にいがた銀花さんに感謝です)

 

 全体に訪れた人は少なかったものの、

学校や学童の子供たちがあーとびるを明るくしてくれました。

美術の授業、遠足、ワークショップと

あーとびるをフルに活用してくれたことが、

今年の大きな特徴となりました。

 

 10月には悲しい別れがありました。

スタート時からともに頑張ってきたスタッフが

旅立っていきました。

ここぞ、というときにいつも素晴らしいアイディアを

提案してくれたり、場を和ませてくれる素敵な存在、

残念でなりません。

私たちを、見守ってください、と願うばかりです。

 

 世界中、大変な1年でしたが、あーとびるは無事に終了致しました。

本当にありがとうございました。

 

 来年もあーとびる麦生を

どうぞよろしくお願い致します。